世界遺産 九寨溝・黄龍ってどんなところ?

九寨溝の水面に写る山
九寨溝

スポンサーリンク

1992年に世界自然遺産に登録された九寨溝は、四川省の北部、南坪県の岷山山脈の標高3400メートルから2000メートル付近に位置しています。手つかずの原生林の中に100あまりの湖、渓流、瀑布が50kmにもわたって連なっており、どこをとっても美しい場所ですが、特に石灰岩に含まれるカルシウムの影響で白い鏡のようになった湖底に、澄んだ水が反射して、コバルトブルーにきらめく湖面は最大の魅力です。言葉ではとても説明しきれない美しさを、ぜひ写真でご覧ください。

九寨溝五彩池
九寨溝散策中の一枚。池によって、青の色も様々。
九寨溝五彩池
バスで九寨溝風景区内を移動中に。九寨溝は木々の緑と水のコントラストが美しいです。

スポンサーリンク

黄龍は九寨溝の南の松藩県に位置する総面積700平方キロの峡谷です。九寨溝と共に1992年に世界自然遺産に登録されました。石灰岩でできた光沢のある黄色の棚田の連なりが、谷を駆け昇る黄色い龍のように見えることからその名が付けられたそうです。石灰岩でできた大小様々の棚田状の池にエメラルドグリーンの澄んだ水が溢れる様子はまさに息を呑むような美しさです。風景区の入り口は標高3200メートル地点に位置し、そこから3800メートル地点までその風景を見ながら登るのが一般的なコースです(現在はロープウェーもできているようです)。自力で登るのは大変ですが、この美しい風景を見ながらの登山は一生の思い出に残ること間違いありません!

九寨溝五彩池
黄龍寺付近からの眺め。ここからの眺めは本当に圧巻です。
九寨溝五彩池
下山途中に。角度によって水の色が異なって見えるのも美しいです。

            ↑ページトップへ      次へ→

サイトMENU

Copyright (C) 2007 九寨溝・黄龍へ個人旅行. All Rights Reserved.